スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年度外道釣果

酷いタイトルで申し訳ないのですが、
前回の江ノ島での釣り以来、何度か江ノ島を含め
平塚、大磯、国府津などと湘南一帯の地域で釣りに挑戦しました。
最初の頃よりも装備もしっかり整えたのですが、
あろうことか全然釣れない!!w
自分としては『旬を釣る』が方針なのですが、
釣れても食えない魚ばかりという有様w

20171230 (10) 
そのためろくに紹介できる記事も書けなかったので、
最終的に辛うじて撮っておいた外道だけをまとめましたww


20171230 (9) 
江ノ島、湘南大堤防、夜釣り
ネンブツダイ

適当な仕掛けにイソメを付けてちょい投げして釣りました。
この日は波が穏やかで水も透き通っていましたが、
釣れるのはコレとゴンズイばかり…(ーー;)


20171230 (1) 
20171230 (2) 
江ノ島、湘南大堤防、朝
イシダイの子供とアイゴの稚魚とカワハギの子供

夜釣りからの朝マヅメを狙っての釣り
サビキにて釣りました。
この時は上記のネンブツとは別の日で、
台風明けで水が濁りまくって透明度はほぼ無いに等しかったです。
一応食べられはする魚ですが、小さいのでリリース。
アイゴ(バリ)は一度わいて出るとサビキにならないので
さっさとエサだけ処理して帰ります(ーー゛)

大抵釣れない日は海がバリまみれになってます。


20171230 (3) 
大磯漁港、昼間
カマスの子供
釣れたというより針に引っかかった。
港内の堤防周辺がバリまみれになってたので、
外海側の堤防でサビキを投げてました。
あろうことか目ン玉の隙間に針が入り込んでたので、
外すのに地味に苦労しました…
無事生きたままリリースできました。


20171230 (11) 
大磯漁港、夜釣り
ハオコゼ
ちょい投げ用の仕掛けにイソメを付けて釣りました。
昔コイツのトゲ(毒)にやられて数日地獄に叩き落された経験がありますが、
こういった毒魚対策に魚つかみを調達したので、
全力投球で海に放り投げました。
港内の灯りに魚がいっぱい群がっていたのですが、
冬の時季もあってか、イソメをぶら下げても
結局コイツ以外つつきもしませんでした…(ーー;)


20171230 (4) 
10センチ超えの良型のキス
大磯漁港で夜釣りをしていたら、近くにいたお子さん連れのパパさんから頂きました。
こんな良い型のやつ、いいんですか?と尋ねるも、
どうせこれ一匹だけなんでいいですよw
と、気さくに言いながらくれました。
一方の自分は、何も釣れず坊主という醜態ww
外道ではないんですが、己の醜態への戒めとしてのうpです…w
貰ったキスは氷締めで持ち帰って天ぷらにしていただきました。
カルチャーショックを受けるくらい新鮮で超美味しかったです。
次からはキス釣りにも力を入れてみようと思いました。

国府津海岸は夜から朝にかけて粘りましたが、ボウズで終わりました…w

あの江ノ島で初めて釣った勢いは何だったんだって感じです^^;
後にサバゲーの定例会に参加してた釣り好きの方から、

あいつ(魚)らは最初の時はアホみたいに釣れてくれるけど、
いざ次は装備もしっかり整えて行く時になると
全く釣れなくなるんだよ!w

と、笑いながら語ってましたw
まぁ結局ビギナーズラックってやつですね。
最初こそ懲りたものですが、時間を置いてふと海を目にすると
やっぱり釣りしてえって衝動に駆られますw
なので来年こそはちゃんと釣果と呼べるものを釣っていきたいと思います!


そんな感じで2017年度外道釣果でした…w

スポンサーサイト

2017年11月26日 BLACK MONDAY定例会

2017年11月26日 サバイバルゲームチーム『BLACK MONDAY』主催の定例会

20171126 (1) 
この次の12月10日の定例会参加者が定員割れしてしまったため、
これが今年度最後のBM定例会になりました。

ちなみに12月の定例会は丁度モンハンのβテストが被っていたため、
恐れながらも自分はモンハンに寝返ってしまいました…^^;


20171126 (2) 
赤チーム


20171126 (3) 
黄色チーム

前回と同じく20名ほど集まりました。


20171126 (4) 
ゲームはいつものフラッグ戦を計10ゲーム行いました。
自分は前回に引き続きAK装備で参戦。
前回のゲームで使用していたシューティンググラス型のゴーグルが
1ゲームを終えた矢先に壊れてしまった際、
BM隊長のMADさんからスミスのブギーレギュレーターゴーグル
をお借りしてゲームを継続していた際にその視界の良さと
扱い易さに惚れて今回のゲーム前に調達して参戦しました。

BSPBKCL13.jpg 
MAD隊長曰く、

自分の大事なところを守るものの予算はケチるな!

と、至極納得できるお言葉を頂きました。


20171126 (5) 
この日は相変わらず乾燥していたものの、
前回ほど砂煙は酷くありませんでした。


20171126 (6) 
草が適度に枯れて虫もほとんどいないので動きやすく、
双方共に攻めやすく守りやすい環境が整っています。


20171126 (7) 
普段守りに徹しやすい自分もAKの運用テストがてら
積極的にフラッグを狙って攻めました。


20171126 (8) 
戦果も上々で、1ゲームで二人以上のヒットを取れたり、
フラッグを取れたりなど、久しぶりな活躍でしたw


20171126 (9) 

20171126 (11) 

20171126 (10) 
全体的にこれぐらいの時期が一番自由に動ける気がします。
自分は根っから虫が嫌いなので、夏場になってくると
虫やマダニが気になってあまり動こうとしません…
けれどこの時季だと普通に森の中を疾走するし
匍匐したり転げ回ったりもします。
ガス銃が使えないのが心残りではありますが、
多分冬が一番サバゲーの時季としてはお気に入りですねw
今回、相手に気付かれないように匍匐して5m以上
10m未満ほどの距離からセミオート2発ほどで狙撃に成功したので、
次回は久しぶりにスナイパーで参戦しようかと考えてます。
やっぱ狙撃楽しいですw


次回のゲームは来年になります!
来年は20名が当たり前ぐらいになって欲しいですねw
人少ないとスナイパーやっても待ちぼうけで終わることもザラなので…w

そんな感じで今年度の撃ち納めとなりました!
ではでは良いお年を~

2017年11月12日 BLACK MONDAY定例会

2017年11月12日 サバイバルゲームチーム『BLACK MONDAY』主催の定例会

20171112 (2) 
これより前のゲームにも参戦してたんですが、
早退した上カメラを用意してなかったので撮影ができませんでした…。


20171112 (3) 
赤チーム


20171112 (5) 
黄色チーム

今回は久しぶりに20名ほどメンバー集まりました。
ついこの間までは2,30人が当たり前だったのに
今となっては20人で結構集まってんじゃん!
ってな感じです…^^;


20171112 (7) 
ゲームはいつものフラッグ戦をいつものように10ゲームほど行い、
内2ゲームはセミオート戦をやりました。


20171112 (9) 
この日は日差しこそ強いものの、気温が低く風も冷たく、
乾燥もあって場所によっては砂煙にまみれました。


20171112 (10) 
逆に森の中は日が当たってない分
雨上がりのぬかるんだ地面が所々にあったので靴も泥まみれです。


20171112 (8) 
草は枯れ初めの段階で適度な視界を確保できたため、
ゲームはしやすかったです。


20171112 (13) 
以前の台風の影響で倒木や枯れ枝などが固まったりして
地形も少し変わっていました。


20171112 (14) 
夏の頃はマダニの大量発生でちょっとゲームの参加に
躊躇してた時もありましたが、この時季になると
マダニへの心配はほぼほぼありません。


20171112 (17) 

20171112 (20) 

20171112 (22) 

20171112 (24) 

20171112 (26) 
今回は夏の時に揃えながらも天候不良やその他諸々の事情で
ゲーム中止が連発して出すに出せなかった
マルイAKS74Nがようやく日の目を拝むことができました、


20171112 (28) 
これが自分にとって初次世代ですw
いつも使ってるM4S-SYSTEMの重量に耐え兼ねて
もう少し重さに不自由せず扱いやすくて射程もそこそこある銃が欲しい
という理由で購入しました。
個人的にAKを持ってなかったのなんか欲しかったってのもありますがw
扱い易さを考慮して若干外装をカスタマイズしております
ハンドガードをマルイAK102のハンドガードに換装し、
グリップはUFCのマルイAK74MN用グリップを取り付け、
アンダーには安モンのアングルフォアグリップ、
マルイのAK用純正マウントを付けて余ってた適当なスコープを取り付け、
近接用にヤフオクで落としたオフセットアイアンサイトも設置。
マガジン交換楽にするために
EMA TACTICALのクイックマグリリースを取り付け、
ストックにはパラコードを巻き付けました。
またワンポイントスリングを使うことを考慮して、
スリングスイベルもパラコードで作りました。

一応AKようのスイベルも金具で売ってましたが、
4千円近くするし、使ってく内に壊れるというコメントもあったので、
考えた結果、そういやパラコードって百キロ以上にも耐える
耐久性があったやん!
ってな感じで同じようにパラコードを使ってる人を
参考にして作りましたw
パラコードなら30Mで千円弱!
4千円近くして壊れる懸念のある金具よりも
頼りになりますww
実際、ゲームでも十分な耐久性を発揮してくれました!

AKそのものも調子は上々です!
ヒット取ったり取られたりの繰り返しでしたが、
重量・扱い易さ・射程申し分ありません!
近頃はファッション製よりもゲーム性を意識してるので、
当面の間はこいつをメインでやっていきたいと思います。

なんか、ようやくまともにそれっぽく動けたゲームでしたw


2017年6月18日 江ノ島 湘南大堤防

すごい唐突な話なんですけど、
ある時急に釣りをしてみたくなったんですよ。
別に何かきっかけがあったわけではないんですけど、
アニメ、ゲーム、サバゲー、コスプレ、創作、料理、寺社巡り、廃墟、都市伝説やらと
手広く趣味を広げてきたせい龍ですが、今回もその一環みたいなものだと思いますw

とはいえ、釣りは子供の頃に親父に付き添ったのが数回程度という
感じだったので、全くのド素人。
竿やリールは何を買えばいいのかすらもわからない。
ひとまずAmazonでレビューを見ながら初心者向けのセット的なものを
買ってみようと思いました。
Amazonなどで釣具関連を検索すると、
大体竿とリールとルアー、それにケースのセットとかあるんですよ。
レビューもそれほど悪くなかったので、自分もそれを発注してみることにしました。

20170610_1.jpg 
まぁこんな感じで4800円のセットです。
ノーブランドっぽくて中国製っぽいんですけど、
届いてみたら案の定中国クオリティでした^^;

まず竿もリールもちっちゃい!
しかも作りも安っぽくて今にもぶっ壊れそう!
あと、竿なんか色ハゲと接着剤まみれでボロボロなんですよww

20170610_2.jpeg 
こんな具合にw
これでも箱出し直後ですよ?w
速攻で返品処理しました。

やはりノーブランドは当てにならない。
思えば竿は大物掛かった時とかの耐久性も重要だから
安易な安物は禁物だなと思いました。
高校時代の後輩で釣りもちょくちょくやってる友人、カタナ君によると、
ロッド(竿)は伸縮する磯釣り用のやつより、上下で半分に分離する
セパレートのタイプの方が耐久性もあっていいですよとのこと。

というわけでセパレートになるタイプの竿を調べてみることに。
そうしでここだ!と見つけたメーカーがシマノ。
まぁサバゲー業界で言う所の東京マルイのポジションに位置する老舗ブランドですw
イッテQで宮川大輔さんが『めっちゃええやつやん!』と賞賛してましたしねw
そんなこんなでシマノのロッドを探すことに。
当ては地元にあった釣具店、上州屋なのですが、
ここはまぁ、高くもないんですがそこまで安くもない。
普通の値段のお店って感じです。
そこで市場調査も兼ねてシマノのロッドを見るわけですが…
シマノロッドのほとんどが一万超えでニ、三万は当たり前の価格。
流石に初っ端でそこまで予算は出せないので、
結果的にAmazon先生を頼る。
そうして選んだのが

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S80L
4800円ほどで購入できました。
20170610_3.jpg 

値段もリーズナブルで初心者でも扱いやすい入門向けのロッドで、
小物から大物、イカも釣ることが出来る万能ロッドとのことなので、これを選びました。
そうなってくるとリールもシマノ製にしようということで抱き合わせで購入しました。

シマノ リール アリビオ C3000
20170610_4.jpg 
これも小物大物に対応できる初心者入門向けの製品です。
3号のナイロン製のライン(糸)が予めセットされています。
3000円ほどで購入しました。

その他にも魚を釣るための仕掛けやルアー、
ロッドケースなども調達して、
およそ約15000円ほどの出費です。
当初の安いセットよりは掛かってしまいましたが、
サバゲー装備を一式揃えるよりはかなりの安上がりなので上々ですw

足りない道具なども百均、特にダイソーでは釣具も扱っているので
低コストで補填できるところが強みです。
釣り経験者のカタナ君曰く、
いいすか先輩?釣りってのは、棒と糸と針とエサがあれば、
基本大体何でも釣れるんですw
だから変にこだわり過ぎる必要もないんですよ。
どうせ釣れない日は道具の良し悪し関係ないのでw
というアドバイスを頂きましたww

そうして装備を整えてカタナと一緒に釣りに行くことに。
場所は話し合った末、江ノ島なら釣り場も広いし色んなのが釣れるとのことなので、
初の釣りは江ノ島に決定しました。

さてそこでどんな釣り方をするかという話に。
カタナは従来、堤防でイソメというゴカイをエサにして釣ってますが、
自分はどうするかと。
色々とネットで調べた末、関心があったのが

サビキ
エギング

の二つでした。
特にエギングには強い関心がありました。
エギングとは、エギというルアーを使ってイカを釣る釣り方です。
知らなかったのですが、堤防ではイカを結構釣ることが出来るらしいです。
特にアオリイカがよく釣れるらしく、春と秋はよく釣れるシーズンなのだとか。
6月もシーズンの内に入るので、是非釣ってみたいということでエギも調達。

デュエル EZ-Q キャスト ラトル 3.5号 リアルクルマエビ
20170610_6.jpg 
上州屋にて1000円ほどで購入。
後日もっと安く売ってる店を見つけたので、以後他のタイプはそこで買ってますw
これを選んだ理由は…

なんかエビっぽくていい…

ってだけですw

しかし自分はともかく、カタナもエギングはしたことがないとのことなので、
ネットで調べて、YouTubeにて手取り足取り丁寧に
教えてくれる動画を見つけて予習しました。



これもやっぱりシマノ公式チャンネルでシマノさまさまですw
ロッドやライン、エギの選び方や釣るポイント、釣り方、釣ったイカの締め方
まで全部一通りこれ一本で解説してくれるので、大助かりでした!

サビキはラインの先端にコマセという小さなアミエビなどの撒き餌を
詰めたカゴとラインに複数の針を付けた仕掛けを用いて
小アジやイワシなどを狙う釣り方です。

カゴはAmazonでロッドとリールと共にやはり抱き合わせで購入しました。

第一精工 ワンタッチフタカゴ 中
20170610_5.jpg 

かごの底が重りになってますので投げ込めば
そのままグングン海中に沈みます。
カゴに蓋がついており、投げ入れた勢いで
中身のコマセが一気に散らばらないように工夫されてます。
合わせ買いで91円でしたw
思いの外便利だったので、もうひとつふたつは欲しいです。

仕掛けはなんとダイソーで売ってたサビキ用の仕掛け
2セット入りで108円ww

20170610_7.jpg 
意外と釣れるとのことなので果たして如何程のものかとお試しですw

準備を整えた後、出発したのは深夜の1時頃。
やはり釣りは夜と日の入り前後がよく釣れるとのことなので、
早めに行って良い場所を狙う算段です。
一時間ほどで江ノ島に到着。
釣り場は先端に白い灯台が建っている湘南大堤防です。
2時頃でも人が結構来ています。
そこでカタナに手取り足取り教わりながら初の釣りに挑戦しましたw
基本はエギングメインでした。
エギングの際は堤防の地面にスミ跡という
先人の釣り人さんが釣り上げたイカがスミを吐いた跡を
ポイントにするのが良いとのこと。
案の定堤防はそこら中にスミ跡が残っていたので、
江ノ島ではイカが盛んに釣れているようです。
そうして予習した動画のとおりにエギングを始めるのですが、
これがなかなか引っかからないw

カタナもイソメを針につけて投げるが、釣れる気配なし。
この日は風が一晩中強く吹いてたので、投釣りも初心者にも結構厳しいとのこと。
結局一晩中釣れる気配はなく、日が出てきた頃には
新たに参戦する釣り人や家族連れなどもゾロゾロとやってきたので、
一旦エギングからサビキに変更。
これが大成功しました!
ダイソーの仕掛けが…めっちゃ釣れるんですよ!ww
アジやイワシではなく小サバがバンバン食いついてきます!
隣ではカタナもサビキに変更したのですが、
カタナは釣具店でサビキのカゴが洗濯バサミのような造りで、
コマセをカゴで挟み込んで手が汚れないタイプの
仕掛けセットを4百円ほどで購入。
こっちは入れ食いの勢いで釣れるのに、
何故か彼の仕掛けは食いつきもしない!
一体どうなっているんだ?と、仕掛けを巻き上げたところ、

カゴがコマセをしっかり挟み込んで散らしてない…

便利じゃん!ってことで買ったはずが…w
結局彼はこれはダメだということで再びイソメに変更。
こっちはジャンジャン釣れるので、仕舞には手持ちのコマセが空に…。
けどふと思い出すと、近くの公衆トイレに行くがてら、
横のゴミ捨て場に釣りのエサは捨てないで!という看板があるにも
関わらず、目の前でエサが不法投棄されていた…それを拾ってきましたw
案の定中身はサビキ用のアミエビで、1キロ以上は余裕でありましたw
不法投棄のエサで魚を釣る!!ww
これがまた自分らが買ったやつよりもいいエサでww
またバンバン釣れましたww
完全なダイソー無双ですw

最終的にサビキは小サバだけですが20匹は釣れました!

20170618 (00) 
釣った魚は美味しく頂くために締め方をある程度覚えておいた方がいいですね。
小サバなどの小物は頭を折ったり削ぎ落として締める方法もありますが、
海水とたっぷりの氷の入った中に漬け込む氷締めで十分とのことなので、
自分は百均の大きめのジップロック袋で氷締めにして持ち帰りました。
ダイソー、やばいですw

さて、エギングの方ですが、
サビキで不法投棄されてた分のエサも使い切って
再びエギをセットしてエギングを再開しました。
ちょうど午前10時頃ですね。
風も相変わらず強かったので、投釣りする人がほとんどおらず、
大半がサビキをしている中、自分一人がエギングという
状況で、なんだか恥ずかしい気分でした^^;
それでも一匹だけでも釣り上げてやるんだ!と根気良く粘る。
その様子を見ていた隣の釣り人さんが少しアドバイス。

あの辺りは海藻がうっそうとしてるから、イカも釣れやすいよ~

とのこと。カタナと釣り人さんが世間話をしている間、
その辺りにエギを投げ込む。
正直ほぼ作業みたいな繰り返しです。
何度も何度も、飽きもせずに投げ込んでました。
すると突然、巻き上げていたラインがピタっと止まってしまいました。

針が底に引っかかった根掛かりでもしたのだろうか?
と、思うものの、ラインは何故か海の中へと引かれていく。
誰かのラインと引っかかった?
周辺を見るが、そんな様子の人はいない。
話していたカタナに声を掛けてみる。
すると、

ヤバイよこれ!巻いて巻いて!どんどん巻いて!

大急ぎでラインを巻いてきます。
もんのすっごい引っ張られます。
アタリを引いたのです。
巻いても巻いても中々海面上がってこない。
ロッドは馬鹿みたいにしなる。
するとようやく海面にシルエットが見えた時、
イカがスミを吐いてる場面を目にしました。
もうハイテンションになって巻き上げます。
周辺でサビキをしてた人たちもめっちゃ注目してました。
イカだイカだ―!すげぇ!イカ釣ってる!
と、子供や大人もざわざわしてましたw
自分は巻くので手一杯で海面を見ることも出来ない。
最終的に手前まで引いてきた時、

こりゃタモないとキツいぞ

という釣り人さんたち。
カタナもなんとか途中から手でラインを巻き取っていくものの、
これ以上はタもないと切れるとのこと。
しかし生憎、周辺でタモを持ってきてる人は一人もいない…。
これを諦められるかと思っていた矢先、別の釣り人さんが

それ(ビニールバケツ)使ってみたら?

というアドバイス。
確かにロープ付きのバケツならすくい上げることが出来る。
という訳で自分は後ろで引き続きラインを巻き上げる。
前ではカタナ含めた釣り人4人がかりでビニールバケツで
イカをすくい上げる。
格闘の末数分後、ついにイカを釣り上げました!

20170618 (1) 
念願のアオリイカです!それもなかなかの大ぶり!
周りからもおおー!との声。

20170618 (0) 
釣り上げた瞬間をカタナに撮ってもらいましたw
釣ったイカは早めに締めなければならないので、
持参してきた百均のアイスピックを使って締めます。
ただ自分は釣り上げたテンションもあって、なかなか上手くできず、
最後はカタナにやってもらいました。

20170618 (3) 
ちょうど目と目の眉間のあたりに上手く突き刺せば
胴体がサーッと白くなります。
胴体の次は足。同じ箇所を今度は下の方に向けて突き刺せば
足の方も白くなってきます。
持ち帰りの際も中々のサイズでしたが、
持参してきたゴミ袋に入れて、ギリギリクーラーボックスに入りました。
この時点で10時37分ほど。
クーラーボックスもいっぱいなので、これにて撤収。
初陣の戦果は小サバ20匹、アオリイカ一杯と上々です!
カタナはハゼを4匹ほど釣って逃してました。

ともあれ帰宅後はオカンに戦果を託して
自分らは近所の温泉に行って汚れを洗い流してきました。

20170618 (4) 
イカのサイズは足先含めて約67.8センチ。
胴体で約35センチほどです。

20170618 (5) 
重さは1318グラム。
ボールの重さは抜いてます。
釣り上げた際も、地元の人っぽいお爺ちゃんが

近頃にしてはかなりの大物だよ。多分店に出せば1万は超えるよ

とのこと。
なんというか、ビキナーズラックですねw

20170618 (7) 
その日の内に刺し身や天ぷら、酢の物に塩辛などにして
連休に岡山で買ってきた利守酒造の地酒『酒一筋』でカタナと美味しくいただきましたw
ちなみに、写真のもので全品なのですが、
これでもイカの半身が余ったので、カタナが帰る際におすそ分けしましたw

いやー正直釣りめっちゃ楽しいです!(釣れてる時はw)
これを機に釣りにも力を入れていきたいと思います!
また機会あれば江ノ島でエギングしたいですねw てかします!
サバゲーに釣り…アウトドアの趣味が徐々に増えてきてますw

今後も釣りに行ったらサバゲーと同じく記事にしていきたいと思います!
ではでは、ここまで長々とお付き合い頂き、ありがとうございます。

以上、せい龍の釣り初陣、江ノ島 湘南大堤防からでした~


伏見稲荷大社

連休の岡山の帰りはハイウェイバスで京都まで向かい、
京都で軽く観光してから新幹線で帰るという感じにしました。

早朝にバスに乗って、午前中になんとか京都に到着する塩梅で、
帰りの新幹線の余裕を考慮しておよそ半日ほどの滞在時間です。
行ける場所も限られるので、一番行きたい場所一箇所に絞ることにした結果、
伏見稲荷大社に足を運ぶことにしました。

20170506 (0) 
20170506 (01) 
言わずと知れた京都の観光名所ですが、
自分は今回が初です。
過去京都に行ったのは中学の修学旅行だけで
それ以降は通過こそするけど立ち寄ることがなかったです^^;
修学旅行の時も伏見稲荷には行ってなかったので、
行きたい行きたいとは前々から思っていたので、
ある意味念願と言えますw

20170506 (1) 
20170506 (6) 
20170506 (7) 
そこら中観光客でいっぱいです。
特に驚いたのが、聞こえてくる会話のほとんどが
英語やらフランス語やらのヨーロッパ系と
中国語、韓国語、ベトナム語と思わしきアジア系のもので
日本語の数が圧倒的に少ないんですよw
初めての経験です^^;


20170506 (8) 
20170506 (9) 
とにかく広い上、社もたくさんあるので全てにお賽銭は流石にキツいですw


20170506 (10) 
20170506 (11) 
かの有名な千本鳥居です。入口手前では写真撮影の人が殺到してました。

20170506 (12) 
普通に道の端とかで撮影するのは良いんですけど、
ないわーと思ったのが道の真中で三脚立てて自撮りする輩です。
やたらビッチ臭いアジア系のギャルで、真ん中でしゃがみ込んで
M字開脚みたいなポーズで撮影するんでドン引きものでした(ーー;)
文化の違いにしたって流石にやめてほしい。


20170506 (012) 

20170506 (14) 
20170506 (15) 
20170506 (13) 
実質山一つを丸ごと参道にしてます。
登るだけでもヒーヒーものですが、
山頂はどんななのかという好奇心で登ってきます。


20170506 (16) 
この雰囲気だけで絵になります。


20170506 (17) 
途中同じような社がいくつもあります。
周りの風景もほぼ瓜二つなのでたまに今どの辺なのかわからなくなります。

20170506 (18) 
とにかく無我夢中でのぼり続けた末、ついに山頂に到着。


20170506 (19) 
しかし山頂だからといって社が他より大きかったり豪華絢爛だったり
というわけではなく、至って簡素で…というか、
道中の社と殆ど変わらないですよ(ーー;)

まぁ、こんなものかといった感じでモソモソと下山していきます。


20170506 (20) 
下山ルートは鳥居の裏側に書かれた奉納した企業などの名前
がビッシリと一望できます。


20170506 (21) 
20170506 (22) 
20170506 (23) 
正直道や風景がどこもかしこも同じ感じなので、
一本道を間違えると普通に迷います。
さっき通ったはずなのに、行き着く先が違う…
ってな感じが数回ありました^^;
まぁ雰囲気的にもお社的にも化かされそうな感じはしますねw

そんなこんなで時間が迫ってきたので、
何かお土産がほしいと思ったのものの、
土産物売り場ではありきたりなキラキラしたキーホルダー
や外国人向けのものばかりで面白みがない…。
最終的にふと目に止まった手形と御朱印帳を買うことにしました。
もちろん、大社の御朱印を頂いてきましたw

20170506 (24) 
手形は いなりこんこん恋いろは の手形が目に止まったので買ってみました。
一見シンプルな手形で、これアニメイトとかでも売ってんじゃね?
と、最初勘ぐったのですが、どうやらこの手形、
伏見稲荷限定のものらしく、
アニメが放映していた一時、高値で取引された頃もあったようです。
そんな実態を知ったので、躊躇なく買いましたw
今も部屋に飾っておりますw

御朱印も伏見稲荷大社では3箇所頂ける所があるとのことなので、
下山して御朱印帳を買った後、もう一度登って
残りの御朱印も頂いてきましたww
戻ってくる頃には虫の息でした…w

こうして御朱印をあつめるのもなかなか楽しいものだと思いました!
以後神社に赴く時はこれを常備していこうと思います!

なにはともあれ伏見稲荷大社、
思う存分満喫してきましたw
周辺の飲食店もなかなか魅力的だったので、
次はもっと余裕を持って行きたいと思います!

以上、5月の岡山遠征からの帰りでした~


プロフィール

せい龍

Author:せい龍
アニメ/ゲーム/造形/サバゲー/コスプレ/釣り/廃墟/料理/オカルトとかが趣味なオタク。絵や小説とかも書いており、シナリオライター目指して現在修行中。正道を行くより曲道を行く曲者。万年遊び盛りの遊び人。





カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
おすすめ商品紹介
詳しくは【こちら】へどうぞ。

お知らせっぽいもの
     
20151030183259927.png

特にないや~









カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。